CATVとアンテナの混合

JCOMがtvkを再送信するようになり2週間程になりますがテレ玉の再送信はどうやら行われないようです。(アナログ終了したら再送信されるという噂もある)
現在テレ玉を見るにはベランダに立てたアンテナからの線をテレビに繋ぎかえる必要があり、結構面倒くさいです。tvkをアンテナ受信していた頃はtvkとJCOMの千葉テレビ再送信chが同一で混合が不可能だったのですが、今回tvkはCATV側から入ってくるので気にするのは32chのテレ玉のみ。他のチャンネルはすべて27以下のchで再送信されており、混合には割と都合が良いので試しにやってみる事にしました。


▲まずは何も考えずに28,30の混合器で混合



▲受信レベル

しかし実際にやってみるとご覧のように一部のキー局がレベル不足で受信できなくなりました。(推奨値は44以上)
これはテレ玉用に立てたアンテナからキー局がかなり強力なレベルで入ってきており、元々フィルタ内臓の混合器でも減衰しきらずCATVと混信してしまっている為です。テレ玉側のアッテネータースイッチを-10dBにすると、今度はテレ玉が映らなくなります。

とりあえずこれでは困るのでCATV、アンテナのそれぞれにトラップフィルタを自作・挿入してしのぐ事に。
ちなみにJCOMはUHFの余っている帯域にSTB用の信号を流しているのでCATV側にもトラップフィルタが必要になります。(最初無しでやってダメだった)


▲Tコネを使ったトラップフィルタ


▲受信レベル

先ほど10ぐらいしかなかったTBSやテレビ東京が大きく改善。全体的なレベル差が小さくなりました。
この他画面には映っていないですがテレ玉の受信レベルも良好です。