古いAirStationでファームをtftpで送る

WLA-G54などの古いAirStationでファームウェアをtftp経由で送る時のメモ。この世代のAirStationは公式サイトからダウンロードできるファームが暗号化されていないため、そのままtftpで流すことができますし、dd-wrtなどのファームを流すこともできます。今回はその方法をメモ程度に残しておきます。

tftpで送るファームをC:\tftp\wlag54_220に置いた事を想定しています。またtftpクライアントはインストール済みです。

とりあえずこんな感じです。

ただしこれは古いAirStationで有効な方法で、最近のAirStationはファームが暗号化されていたり、そもそもtftpを受け付けなかったりと融通が利きません。