アンテナが遂に倒れた

倒れたアンテナ

前々から倒れそうだったアンテナが遂に倒れました。流石にこの状態ではデジタル放送は受信できないようです…。この日は熱帯低気圧が近づいており、風が強く屋根に登って作業するのは諦め、とりあえず仮のアンテナをベランダの手すりに設置する事にしました。風で飛ばされては元も子もないので手元にあったアンテナの中で比較的小型なマスプロ U8A(オールバンド 8素子)を選びました。中継局が目視できるのでこの8素子でも十分と考え、設置してみました。

 

設置したU8A

設置した後アンテナ直下で測定するとMERが25以上、BERはほぼ0となかなか良好な数字を示しています。ただし受信レベルは30後半~40前半(dBuV)とやはり弱めです。という事でブースターで誤魔化す事にしました。

いつしかヤフオクで1000円ぐらいで買ったオンボロブースター

結構古いです。地上デジタル放送なんて言葉が無かった頃のものだと思われます。デジタル放送でも若干品質は悪いながらも問題無く機能します。とりあえずこれでケーブルを取り回して居間のテレビまで配線してみました。

受信レベル

んー。。。受信レベルが足りない。LCT2で測定してみると屋内に引き込んだ段階で40dBuV程度、テレビ直前では30dBuV程度まで減衰していました。これでは受信レベルが足りませんね…。ブロックノイズが多発してまるで見れません。という事でブースターをもう1段入れてみる事にしました。

2段目のブースター

秋葉原のジャンク屋でこれまた1000円ぐらいで購入したCATV用ブースターを流用しました。上り帯域をカットして使ってみます。これでテレビ直下で60dBuV程度までレベルがアップしました。MERは25程度。もあまり良くは無いにしろ見る分には問題ないレベルです。

受信レベルも推奨値を越す

というわけで無事見れるレベルまで達しました。8素子をブースターで騙し騙し使うのはあまり気が引けますがその場しのぎなので気にしないことにしましょう。