東北本線と白棚線最終バスとの接続

先週用事があり、夕方東京から棚倉町方面に向かう事になりました。秋の乗り放題パスを使って行ったのですが、ルートとして東北本線→新白河→JRバス白棚線と東北本線→安積永盛→水郡線にとの2通りのルートが考えられました。前者の新白河からバスの場合、下記のような行程となります。

東北本線 黒磯→新白河 21:08

JRバス白棚線 新白河21:10→磐城棚倉

乗り換え時間は2分しかなく、ダッシュすれば間に合いそうな気もします。この日は秋の乗り放題パスを利用していたので運賃は安積永盛経由の方が有利だが1時間余計にかかります。とりあえず新白河に到着した時の時間次第で考える事にしました。

当日、予定通り東北本線を北上し、新白河駅手前の白坂までは定刻で動いていました。しかし電車は白坂駅をなかなか発車しません。どうやら精算のお客さんに手間取ってたようです。その影響で東北本線は3分の遅延。新白河駅に列車が到着した時、窓から白棚線のバスが見えていましたが、ドアが開く前に発車してしまいました。結局そのまま北上し安積永盛まで行って水郡線に乗り換えて1時間余計にかかったものの無事目的地の磐城棚倉には到着しました。

後日JRバス白河支店に聞いた所、バスの時刻は新幹線をベースとしており、東北本線との接続は考慮してないとの事。列車が遅れた場合でもJR東日本から要望がなければ定刻で発車するとか。このJR東日本からの要望は稀にあるらしい。もちろん電話を事前にもらってもバスを遅らせて待ってくれる事はしないとのこと。

という事で乗り換え時間2分だからひょっとしたら…と思ってしまう所ですが、この乗り換えは基本的に無理と考えた方が良さそうです。あまり利用者がいないってのもありますが、最終便くらいは東北本線の接続も考慮して欲しい気もします。あと最近東北本線も精算の影響で遅れが目立つようになってきました。これも何とかならないものか…。