人体展と上野公園の桜

 

上野の国立科学博物館の人体展に行ってきました。土曜日だったのでとても混雑していていましたが、特に待ち時間はなく中に入れました。どちらかというとチケット売り場が混雑していたようなのでインターネットで事前購入しておいて正解でした。中の半分くらいは撮影禁止でしたが、本物の人の臓器などの展示があり、ちょっと怖い感じもありました。ちなみに人の臓器のほとんどは血が抜けた状態なので割と肌色をしてました。

 

後半の撮影OKエリアの一部。天井は人間の臓器同士が情報を伝達しあってる様子を表してるらしいです。とても幻想的な空間として演出されてました。

 

お昼に食べたパンダプレート。上野はパンダフィーバーでどこもかしこもパンダ。

 

特別展を見たあとは常設展。人体展に比べこちらは人もまばらでゆっくり見ることができました。日本館、地球館がの2つの建物があってかなり見応えがありました。正直1日でも見きれないです。地球館の屋上ではハーブ畑とベンチとテーブルがあって、休憩場所としても最適でした。また常設展の方は再入場もOKのようです。(特別展は再入場不可だった)

日本館での好物の展示。福島県石川町から算出されたもの結構ありました。

上野公園では桜が5分咲きぐらいになってました。来週くらいがちょうど見頃な感じです。花見客も多くとても賑わってました。