コンパイル時の環境変数

Linuxでソースをコンパイルする時パッケージ化されていないライブラリを個別にコンパイルする事が時々あるのですが、その際に使うLD_LIBRARY_PATHなどの変数のうちどの変数を使うべきか迷う事があります。その変数について軽く調べてみました

LD_LIBRARY_PATH

ライブラリの場所を示します。ただしこれは実行時に読み込まれます。コンパイル時はこの変数をどんなにいじっても影響はありません。コンパイル時のライブラリの位置は次のLIBRAY_PATHを指定します。

LIBRARY_PATH

コンパイル時にはこちらを指定します。

C_INCLUDE_PATH

Cのヘッダファイルの場所を指定します。

この他コンパイラによっては独自の環境変数がある場合があります。envコマンドなんかで一覧して見ていくとそれっぽいものが見つかる事があります。