Fedora 19でnVIDIAのドライバをインストール

Kernel、SELinux-policyをアップグレード

SELinuxは次のファイルを編修して無効化してもいい気がします。

一度再起動します。

rpmfusionレポジトリを追加

ドライバをインストールします。

再起動するとnvidiaドライバが有効になっています。
nvidia-settingを利用してxorg.confを編集しようとしたのですが、うまく行きません。一度xorg.confを書き出した後、ビデオカード、ディスプレイの部分を次のファイルに追記し、元のxorg.confを削除したらうまく行きました。