うまく印刷できないリサイクルインク

 

 

CanonのTS6030というプリンタに互換リサイクルインクを入れてみた所、画像のように黒インクが全然出ないという症状が出ました。左側の印字は黒のベタ塗りを印刷してるはずなのにすじだらけでほとんどインクが出てきていないようです。

 

で、結局どうしたかというと、上の画像のようにインクにボールペンでぶすっと穴を開けました。純正品だとここに空気穴があるのに、このリサイクルインクはなぜか空気穴がシールでふさがってました。説明書にも穴を開けろという文言は一切なく、そのままお使いできますという事でしたが、うちのプリンタとは相性が悪かったようです。

 

空気穴を開けた所正常に印刷できるようになりました。しかしなんで空気穴をあえて塞ぐようになってたんだろう…。

なお、リサイクルインクの使用はメーカー保証がなくなるためオススメはしません。このようなトラブルも結構あるみたいなので、不安なときはちゃんと純正品を買いましょう…。

また、今回のようにインクの出が悪い状態で使い続けると空気が入り込んでヘッドを痛める可能性があるので即純正インクに交換しましょう。