ESXiで無理やりVMを自動起動

素直に自動起動を設定するでも良いのですが、DHCPサーバー等何があってもとにかく起動して欲しいVMがあったりするとコケると割と面倒くさい。そこでrc.localに記述して無理やり起動させる事にしました。あとついでにメンテナンスモードになってたらそれも同時に解除するコマンドも加えてます。今回は/etc/rc.local.d/local.shを編集しました。exit 0の手前くらいに追記すると良さそう? ちなみにrc.local.d以下に適当なファイルを作ってみたのですが再起動したらファイルごと消えてしまいました。新規ファイルはあまり作らない方がいいかもしれません。

この例ではdhcp、proxy、web、mail、fs0というVMをとにかく起動させます。多分あまり推奨されない方法ですのであまり積極的にやらない方がいいかもしれません。というかやめときましょう。